ビジネス向けの資金調達に関する情報を知りたいならこのサイト

資金調達にはそれぞれメリットとデメリットがあった

メリット

日本公庫から借りるメリットは、金利が2パーセントと低く、一部の制度を除き、無担保、無保証という点で、返済期間も他の資金調達方法に比べて数年単位と長く、利用していると会社の信頼度が上昇します。
信用金庫のメリットは、個人事業主に対する融資を積極的に行っていたり、審査が緩めという点です。
補助金や助成金のメリットは、制度の種類が多い事や返済する必要がない事で、エンジェル投資家のメリットは、何かしらのリターンを行わなければなりませんが、返済は不要という点です。
エンジェル投資家から資金面以外のサポートも受けられるため、融資してもらう側は、メリットが多く、状況によっては、高額な資金サポートもしてもらえる可能性があります。
この他にも様々なメリットがありますので、調べてみると良いと思います。

デメリット

日本公庫から借りるデメリットは、制度の種類によっては、支援機関を利用しなければならないなどの条件があり、申し込んでから融資されるまで1ヶ月ほどかかる点です。
信用金庫のデメリットは、融資してもらえる金額が低く、金利が高額な点です。
それ以外にも、実際に融資されるまで2ヶ月ほどかかってしまうなどのデメリットがあります。
補助金や助成金のデメリットは、全ての事業が終了しないともらう事ができない点や審査を通過しなければならないなどのデメリットがあります。
この他にも、様々なメリットやデメリットがありますので機会があったら調べてみてくださいね。
メリットとデメリットを知った上で、どの資金調達が良いのか考えてみましょう。

TOPへ戻る